弁護士との信頼関係をどうやって作るか。

 これはコミュニケーションの問題だと思います。弁護士に対して疑問を感じたら率直に質問して下さい。弁護士を信頼できなと思ったら、我慢していないで、率直に言って下さい。信頼できない弁護士を依頼し続けることは、百害あって一利なしです。本当は、弁護士の方から、定期的に報告するべきなのですが、弁護士はどうしても目の前の事件の処理に追われて、報告がおろそかになる時があります。そういう時は、むしろ依頼者の方から、「どうなっているのか」と尋ねて頂けることがありがたいと思っています。弁護士さんを信頼しているので全部お任せしますと言って下さる依頼者の方がおります。本当にありがたい限りです。しかし、弁護士も人間です。まかせっきりにされれば、事件処理も遅れます。とりわけ、弁護士にとって、依頼者の抱えている問題は、所詮「他人事」なのです。民事の裁判で負けても弁護士がお金を支払う訳ではありません。打撃を受けるのは依頼者です。刑事の裁判で負けても弁護士が刑務所に入るわけではありません。結局のところ、弁護士などと偉そうなことを言っても弁護士業は所詮「助っ人稼業」です。依頼者が一生懸命で「先生なんとかして下さい」と必死になって言って来る依頼者の方は、確かに、困る感じもあるのですが、頼られると「放っておけない」、「この依頼者をなんか助けてあげたい」と思うのも事実です。そういう意味でのコミュニケーションが相互に取れているのが一番信頼関係を築けるのではないかと考えています。

甲斐の杜法律事務所

山梨県の甲斐の杜法律事務所は、交通事故、離婚問題などの個人の裁判から倒産・事業清算の法人の裁判まで幅広く活動を行っております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kainomori9880.com/mt-tb.cgi/23

コメントする