平成26年新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

昨年は、7月の参議院選挙で自民党が圧勝しましたが、これは民主党が完敗した結果に過ぎず、自民党の支持率は高くはありません。自民党が勝ったことで消費税の増税や生活保護法の切り下げ、秘密保護法案の強行採決など、悪政は益々進行していきます。最悪なのは秘密保護法案の強行採決でした。しかし、希望はまだまだあります。国民の権利や福祉は、長い目で見ると必ず拡大していきます。昨年は、東京高裁で山梨県会議員の旅費返還請求裁判の完全勝利判決を獲得しましたが、これも県民の世論の画期的な勝利です。山梨県北杜市明野の最終処分場も閉鎖になりました。20年間も諦めず闘ってきた地元住民の運動の勝利です。諦めなければ、必ず道が開けることを示しています。秘密保護法もその施行は1年先であり、施行させない闘い、廃止への闘いが大切だと思います。

昨年は、関弁連定期大会とシンポジュウムが甲府であり、長倉智弘弁護士が大活躍しました。また山際誠弁護士も益々、力量を高め、裁判で大きな成果を上げてくれています。今年も事務所員一同、一致協力して、事務所の目的として掲げている以下のことを忠実にまもり、頑張っていく所存ですので、よろしくお願いします。

1 依頼者の基本的人権を守り、社会正義の実現を目指す。

2 日本国憲法を擁護し、その完全な実現を目指す。

3 環境権その他の新しい人権の確立に努める。

4 常に民衆や社会的弱者の立場に立ち、これらの人々の正当な利益を守って、闘う。

甲斐の杜法律事務所

山梨県の甲斐の杜法律事務所は、交通事故、離婚問題などの個人の裁判から倒産・事業清算の法人の裁判まで幅広く活動を行っております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kainomori9880.com/mt-tb.cgi/28

コメントする